件数統計 読込エラー===select * from homonkensu where kubun='No1'TOTOわいふぁい TOTOワイファイ 俳句 季語

著名な俳句の検索
著名な作者の作品集です。書籍やWEBサイトを参考にしながら整備中です。
検索条件
検索文字 すべて満足
表示順序を指定   作者順   俳句順   投稿順
   (検索ワードは 俳句 作者 説明を対象に検索します)     

  対象8915件  [1/9]     俳句メニュー

検索条件 (すべて対象
作品番号 作者  俳句説明
 1 安住敦  凭らざりし机の塵も六日かな 凭:もたれ
 2 安住敦  恋猫の身も世もあらず啼きにけり 
 3 安住敦  春昼や魔法の利かぬ魔法瓶 
 4 安住敦  舞ふ獅子にはなれて笛を吹けりけり 
 5 安住敦  届きたる歳暮の鮭を子にもたす 
 6 安住敦  雪の降る町といふ唄ありし忘れたり 
 7 安住敦  ある晴れた日につばくらめかへりけり 
 8 安住敦  蓑虫の出来そこなひの蓑なりけり 
 9 安住敦  啓蟄の庭とも畠ともつかず 
 10 安住敦  でで虫や父の記憶はみな貧し 
 11 安住敦  しぐるゝや駅に西口東口 
 12 安住敦  鯛焼のあつきを食むもわびしからずや 
 13 富田木歩  街の子の花売の真似秋立てり 
 14 富田木歩  七夕や髪に結ひ込む藤袴 
 15 富田木歩  蜆売りに銭かへてやる夏の夕 
 16 富田木歩  我が肩に蜘蛛の糸張る秋の暮 
 17 富田木歩  籠の鶏に子の呉れてゆくはこべかな 
 18 富田木歩  夢に見れば死もなつかしや冬木風 
 19 富田木歩  日のたゆたひ湯の如き家や木々芽ぐむ 
 20 富田木歩  背負はれて名月拝す垣の外 
 21 木村蕪城  受験児の横たへおける松葉杖 
 22 木村蕪城  高原の秋運転手ギター弾く 
 23 木村蕪城  おふくろの今年あらざる秋刀魚かな 
 24 木村蕪城  雲動き竹林に蝉こぼれ飛び 
 25 木村蕪城  みづうみの月明るきに馴れて住む 
 26 木村蕪城  風船やかかる男のなりはひに 
 27 三橋敏雄  座して待つ次なる大震火災此処 
 28 三橋敏雄  いっせいに柱の燃ゆる都かな 
 29 子規  古沼の境もなしに氷かな 
 30 子規  ながながと冬田に低し雁の列 
 31 子規  麦の芽のほのかに青し朝の霜 
 32 子規  染汁の紫こほる小川かな 
 33 子規  木のうろに隠れうせけりけらつゝき 
 34 子規  皮剥けば青けむり立つ蜜柑かな 
 35 子規  浪ぎはへ蔦はひ下りる十余丈 
 36 子規  末枯や覚束なくも女郎花 
 37 子規  草履の緒きれてよりこむ薄かな 
 38 子規  馬の尾をたばねてくゝる薄かな 
 39 子規  沓の代はたられて百舌鳥の声悲し 
 40 子規  肌寒や馬いばひあふつゞら折 
 41 子規  鼻たれの兄と呼ばるゝ夜寒かな 
 42 子規  唐きびのからでたく湯や山の宿 
 43 子規  闇の雁手のひら渡る峠かな 
 44 子規  枯れ柴にくひ入る秋の蛍かな 
 45 子規  稲刈もふじも一つに日暮れけり 
 46 子規  水晶のいはほに蔦の錦かな 蔦:つた
 47 子規  鶺鴒やこの笠たゝくことなかれ 鶺鴒:せきれい
 48 子規  ぬかづけばひよ鳥なくやどこでやら 
 49 子規  面白やどの橋からも秋の不二 
 50 子規  槍立てゝ通る人なし花芒 
 51 子規  伊豆相模もわかず花すゝき 
 52 子規  大方はすゝきなりけり秋の山 
 53 子規  紅葉する木立もなしに山深し 
 54 子規  山姥の力餅売る薄かな 
 55 子規  店さきの柿の実つゝく烏かな 
 56 子規  犬蓼の花くふ馬や茶の煙 
 57 子規  樵夫二人だまつて霧をあらはるゝ 
 58 子規  石原に痩せて倒るゝ野菊かな 
 59 子規  どっさりと山駕籠おろす野菊かな 
 60 子規  秋の雲滝をはなれて山の上 
 61 子規  色鳥の声をそろへて渡るげな 
 62 子規  我なりを見かけて鵯の鳴くらしき 
 63 子規  だまされてわるい宿とる夜寒かな 
 64 子規  草山の奇麗に枯れてしまひけり 
 65 子規  谷底にとどきかねたる落ち葉かな 
 66 子規  掘割の道じくじくと落葉かな 
 67 子規  暁の氷すり砕く硯かな 
 68 子規  人住まぬ屋敷の池の氷かな 
 69 子規  桃源の路次の細さよ冬籠 
 70 子規  冬ごもり仏にうときこゝろ哉 
 71 子規  居眠りて我にかくれん冬ごもり 
 72 子規  戸に犬の寝がへる音や冬籠 
 73 子規  なかなかに病むを力の冬ごもり 
 74 子規  冬ごもり煙のもるる壁の穴 
 75 子規  隠れ家のものものしさよ百合の花 
 76 子規  別れとて片隅はづす蚊帳かな 
 77 子規  次の夜は蛍やせたり籠の中 
 78 子規  涼しさや石燈籠の穴も海 
 79 子規  冬ごもり世間の音を聞いている 
 80 子規  雲のぞく障子の穴や冬ごもり 
 81 子規  暗き町やたまたま床屋氷店 
 82 子規  葉隠れに小さし夏の桜餅 
 83 子規  葉桜や昔の人と立咄 
 84 子規  涼しさや川を隔つる灯は待乳 
 85 子規  渡し場に灯をともしたる茂りかな 
 86 子規  葉桜に夜は茶屋無し隅田川 
 87 子規  夕涼み石炭くさき風が吹く 
 88 子規  金持は涼しき家に住みにけり 
 89 子規  泳ぎ場に人の残りや夏の月 
 90 子規  贅沢な人の涼みや柳橋 
 91 子規  鷺の立つ中洲の草や川涼し 
 92 子規  町暑し蕎麦屋下宿屋君が家 
 93 子規  葉柳に埃をかぶる車上かな 
 94 子規  時計屋も夏桃店も埃かな 
 95 子規  五年見ぬ山の茂りや両大師 
 96 子規  石像に蠅もとまらぬ鏡かな 
 97 子規  葉鶏頭の苗養ふや絵師が家 
 98 子規  狸さへ蟇さへ住まずなりにけり 
 99 子規  扇持たずもとより羽織などは着ず 
 100 子規  月の根岸闇の上野や別れ道 
 101 子規  白露の三河島村灯ちらちら 
 102 子規  山ぞひや帽子の端にきりぎりす 
 103 子規  一行に絵かきもまじる月夜かな 
 104 子規  杉暗し月にこぼるゝ井戸の水 
 105 子規  月高く樹にあり下は水の音 
 106 子規  茶屋あらはにともし火立つや霧の中 
 107 子規  議論とて秋の団扇を手のちから 
 108 子規  鯛の茶屋静かなる木の間かな 
 109 子規  鯛や杉の葉重ね路凹し 
 110 子規  唐黍に背中打たるゝ湯あみかな 
 111 子規  祭見に狐も尾花かざし来よ 
 112 子規  一日の秋にぎやかに祭りかな 
 113 子規  初秋の石壇高し杉木立 
 114 内藤鳴雪  初秋の食に魚なし京の町 
 115 子規  朝顔やわれ未だ起きずと思ふらん 
 116 子規  石段は常盤木の落葉ばかりなり 
 117 子規  大木の注連に蝉鳴く社かな 注連:まま
 118 子規  木下闇電信の柱新らしき 
 119 子規  松葉落ちて雀鳴くなり観音寺 
 120 子規  朝顔や野茶屋の垣根まばらなり 
 121 子規  田の中に蓮咲きけり家二つ三つ 
 122 子規  路三叉草茂りけり石地蔵 
 123 子規  水草の泥に花さく旱かな 
 124 子規  夏川の泥に嘴入るゝ家鴨かな 
 125 子規  夏柳家鴨やしなふ小池かな 
 126 子規  横雲に朝日の漏るゝ青田かな 
 127 子規  涼しさのはや穂に出てゝ早稲の花 
 128 子規  かたよりて右は箕の輪の茂りかな 
 129 子規  夏木立村あるべくも見えぬかな 
 130 子規  蚊の声もよわる小道の夜明かな 
 131 子規  句を閲すラムプの下や柿二つ 閲す:えっす けみする 調べる。見て確かめる。
 132 子規  夏草やベースボールの人遠し 
 133 子規  鰻まつ間をいく崩れ雲の峰 
 134 坪内稔典  たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ 
 135 坪内稔典  帰るのはそこ晩秋の大きな木 
 136 上田五千石  太郎に見えて次郎に見えぬ狐火や 
 137 森澄雄  妊りて紅き日傘を小さくさす 
 138 飯田龍太  黒猫の子のぞろぞろと月夜かな 
 139 能村登四郎  やはり死は寂しとて食ふ酢牡蛎かな 
 140 能村登四郎  紙魚ならば棲みてもみたき一書あり 
 141 能村登四郎  すこしづつ死す大脳のおぼろかな 
 142 能村登四郎  辛夷咲く死の明るさもこれ位 
 143 鈴木真砂女  春寒くこのわた塩に馴染みけり 
 144 大野林火  鴨群るるさみしき鴨をまた加え 
 145 大野林火  雪の水車ごつとんことりもう止むか 
 146 三好達治  冬といふ日向に鶏の座りけり 
 147 三好達治  水に入るごとくに蚊帳をくぐりけり 
 148 秋元不死男  獄凍てぬ妻きてわれに礼をなす 
 149 秋元不死男  冷されて牛の貫禄しづかなり 
 150 西東三鬼  秋の暮大魚の骨を海が引く 
 151 篠原鳳作  自画像の青きいびつの夜ぞ更けぬ 
 152 富沢赤黄男  潮すゞし錨は肱をたてゝ睡る 
 153 富沢赤黄男  石の上に秋の鬼ゐて火を焚けり 
 154 富沢赤黄男  蝶墜ちて大音響の結氷期 
 155 日野草城  ところてん煙の如く沈み居り 
 156 日野草城  薔薇色のあくびを一つ烏猫 
 157 石田波郷  蚊を博って頬やはらかく癒えしかな 
 158 石田波  蚊を博 
 159 篠原梵  やはらかき紙につつまれ枇杷のあり 
 160 篠原梵  閉ぢし翅しづかにひらき蝶死にき 翅:はね
 161 篠原梵  葉桜の中の無数の空さわぐ 
 162 柴田白葉女  日向ぼこ人死ぬはなし片耳に 
 163 柴田白葉女  春の星ひとつ潤めばみなうるむ 
 164 星野立子  花火上るはじめの音は静かなり 
 165 仲村汀女  バラ散るや己がくづれし音の中 
 166 三橋鷹女  みんな夢雪割草咲いたのね 
 167 橋本多佳子  七夕や髪ぬれしまま人に逢ふ 
 168 川畑茅舎  桜鯛かなしき目玉くはれけり 
 169 山口誓子  蟋蟀が深き地中を覗き込む 
 170 山口青邨  こほろぎのこの一徹の貌を見よ 
 171 長谷川かな女  虫とんでそのまゝ消えぬ月の中 
 172 長谷川かな女  藻をくぐって月下の魚となりにけり 
 173 種田山頭火  鉄鉢の中へも霰 鉄鉢:てっぱつ
 174 荻原井泉水  はっしと蚊を おのれの血を打つ 途中 1桁空ける
 175 荻原井泉水  月光しみじみこおろぎ雌を抱くなり 
 176 荻原井泉水  空をあゆむ朗朗と月ひとり 
 177 富安風生  赤富士のぬうっと近き面構え 
 178 渡辺水巴  薫風や蚕は吐く糸にまみれつゝ 蚕:こ
 179 村上鬼城  夏草に這い上がりたる捨蚕かな 捨蚕:すてご
 180 村上鬼城  闘鶏の眼つぶれて飼われけり 
 181 河東碧梧桐  ミモーザを活けて一日留守にしたベッドの白く 
 182 河東碧梧桐  空をはさむ蟹死にをるや雲の峰 
 183 良寛  盗人に取り残されし窓の月 
 184 高井几董  かなしさに魚喰ふ秋のゆふべ哉 
 185 高井几董  青海苔や石の窪みの忘れ汐 
 186 加舎白雄  夕風や野川を蝶の越えしより 
 187 加舎白雄  鶏の嘴に氷こぼるる菜屑かな 嘴:はし
 188 加舎白雄  さうぶ湯やさうぶ寄りくる乳のあたり 乳:ち
 189 加藤暁台  濤暑し石に怒れるひゞきあり 
 190 加藤暁台  菫つめばちひさき春のこころかな 菫:すみれ
 191 加藤暁台  元旦やくらきより人あらはるゝ 
 192 大島蓼太  更くる夜や炭もて炭をくだく音 
 193 大島蓼太  我が影の壁にしむ夜やきりぎりす 
 194 炭大祇  初恋や燈籠によする顔と顔 
 195 炭大祇  空遠く声あはせ行く小鳥かな 
 196 炭大祇  水瓶へ鼠の落ちし夜寒かな 
 197 加賀千代女  こぼれては風拾ひ行鵆かな 鵆:ちどり
 198 加賀千代女  夕顔や女子の肌の見ゆる時 女子:おなご
 199 加賀千代女  秋の野や花となる草ならぬ艸 艸:くさ
 200 上島鬼貫  なんと今日の暑さはと石の塵を吹く 
 201 上島鬼貫  行水の捨てどころなし虫の声 
 202 芭蕉  両の手に桃と桜や草の餅 
 203 服部嵐雪  蒲団着て寝たる姿や東山 
 204 服部嵐雪  沙魚釣るや水村山廓酒旗の風 水村山廓酒旗:すいそんさんかくしゅき
 205 向井去来  動くとも見えで畑うつ男かな 
 206 向井去来  おうおうといへど敲くや雪の門 
 207 波多野爽波  菱取りしあたりの水のぐったりと 
 208 波多野爽波  ぽっかりと風花のなきところかな 
 209 波多野爽波  草に寝て雲雀の空へ目をつむり 
 210 波多野爽波  いろいろな泳ぎ方してプールにひとり 
 211 波多野爽波  西日さしそこ動かせぬものばかり 
 212 波多野爽波  老人よどこも網戸にしてひとり 
 213 宝井其角  川上は柳か梅か百千鳥 
 214 宝井其角  菓子盆にけし人形や桃の花 
 215 宝井其角  あれきけと時雨来る夜の鐘の声 
 216 宝井其角  あさぎりに一の鳥居や波の音 
 217 向井去来  なくなくも小き草鞋もとめかね 
 218 芭蕉  咲花に小き門を出つ入つ 咲:さく 小き:ちひさき 入つ:いりつ
 219 芭蕉  咲花にかき出す椽のかたぶきて 咲:さく 椽:えん たるき
 220 向井去来  弓張の角さし出す月の雲 
 221 向井去来  梅にすゞめの枝の百なり 
 222 向井去来  青みたる松より花の咲きこぼれ 
 223 向井去来  兄弟の顔見あはすやほとゝぎす 
 224 向井去来  いそがしや沖のしぐれの真帆片帆 真帆片帆:まほかたほ
 225 向井去来  手をはなつ中に落けり朧月 
 226 向井去来  猪の寝に行かたや明の月 行:ゆく 明:あけ
 227 向井去来  をとゝ日はあの山越つ花ざかり 
 228 向井去来  賽銭も用意顔なり花の森 
 229 野沢凡兆  大どしをおもへば年の敵かな 敵:かたき
 230 向井去来  振舞や下座に直る去年の雛 
 231 向井去来  涼しさの野山にみつる念仏かな 念仏:ねぶつ
 232 芭蕉  清瀧や波に塵なき夏の月 
 233 芭蕉  蓬莱にきかばや伊勢のはつ便 蓬莱:ほうらい 古代中国で東の海上(海中)にある仙人が住むといわれていた仙境の1つ 便:たより
 234 芭蕉  からさきの松は花より朧にて 
 235 宝井其角  この木戸や鎖のさゝれて冬の月 
 236 芭蕉  どんみりと棟や雨の花曇り 
 237 芭蕉  年暮れぬ笠着て草履履きながら 
 238 芭蕉  鷹一つ見つけてうれし伊良湖崎 
 239 芭蕉  住みつかぬ旅の心や置炬燵 
 240 芭蕉  涼しさをわが宿にしてねまるなり 
 241 芭蕉  涼しさやほの三日月の羽黒山 
 242 芭蕉  白菊よ白菊よ恥髪よ長髪よ 
 243 芭蕉  錠明けて月さし入れよ浮御堂 
 244 芭蕉  四方より吹き入れて鳰の波 
 245 芭蕉  しぐるるや田の新株の黒むほど 
 246 芭蕉  塩鯛の歯茎も寒し魚の店 
 247 芭蕉  猿を聞く人捨て子に秋の風いかに 
 248 芭蕉  五月雨に鳰の浮巣を見にゆかん 
 249 芭蕉  早苗とる手もとや昔しのぶ摺 
 250 芭蕉  小萩散れますほの小貝小盃 
 251 芭蕉  木のもとに汁も膾も桜かな 膾:なます
 252 芭蕉  このあたり目に見ゆるものは皆涼し 
 253 芭蕉  この秋は何で年寄る雲に鳥 
 254 芭蕉  子に飽くと申す人には花もなし 
 255 芭蕉  木枯しや頬腫れ痛む人の顔 
 256 芭蕉  鞍壺に小坊主乗るや大根引 
 257 芭蕉  霧しぐれ富士を見ぬ日ぞ面白き 
 258 芭蕉  清滝や波に散り込む青松葉 
 259 芭蕉  狂句木枯しの身は竹斎に似たるかな 
 260 芭蕉  君火を焚けよき物見せん雪丸げ 
 261 芭蕉  菊に出て奈良と難波は宵月夜 
 262 芭蕉  乾鮭も空也の痩せも寒の中 
 263 芭蕉  語られぬ湯殿に濡らす袂かな 
 264 芭蕉  風ふけば尾細うなるや犬桜 
 265 芭蕉  数ならぬ身とな思ひそ玉祭り 
 266 芭蕉  陽炎のわが肩に立つ紙子かな 
 267 芭蕉  杜若われに発句の思いあり 
 268 芭蕉  折々に伊吹を見ては冬籠 
 269 芭蕉  わが衣に伏見の桃の雫せよ 
 270 芭蕉  龍門の花や上戸の土産にせん 
 271 芭蕉  夜窃かに虫は月下の栗を穿つ 窃か:ひそか
 272 芭蕉  世の人の見つけぬ花や軒の栗 
 273 芭蕉  雪間より動き薄紫の芽独活かな 独活:うど
 274 芭蕉  夕顔に見とるるや身もうかりひょん 
 275 芭蕉  病む雁の夜寒に落ちて旅寝かな 
 276 芭蕉  山も庭に動き入るるや夏座敷 
 277 芭蕉  山中や菊は手折らぬ湯の匂い 
 278 芭蕉  山里は万歳遅し梅の花 万歳:三河万歳は新春を寿ぎつつ各戸を廻る
 279 芭蕉  物書いて扇引き裂く名残かな 
 280 芭蕉  藻にすだく白魚やとらば消えぬべき 
 281 芭蕉  水取りや氷の僧の沓の音 
 282 芭蕉  三井寺の門敲かばや今日の月 
 283 芭蕉  眉掃きを梯にして紅粉の花 
 284 芭蕉  まず頼む椎の木もあり夏木立 
 285 芭蕉  ほととぎす今は俳諧師なき世かな 
 286 芭蕉  星崎の闇を見よとや啼く千鳥 
 287 芭蕉  旧里や臍の緒に泣く年の暮 
 288 芭蕉  冬籠りまた寄りそわんこの柱 
 289 芭蕉  吹き飛ばす石は浅間の野分かな 
 290 芭蕉  風流の初めや奥の田植歌 
 291 芭蕉  日は花に暮れてさびしやあすなろう 
 292 芭蕉  一家に遊女も寝たり萩と月 
 293 芭蕉  春の夜や籠り人ゆかし堂の隅 
 294 芭蕉  春なれや名もなき山の薄霞 
 295 芭蕉  花の陰謡に似たる旅寝かな 
 296 芭蕉  八九間空で雨降る柳かな 
 297 芭蕉  野を横に馬牽き向けよほととぎす 
 298 芭蕉  蚤虱馬の尿する枕もと 
 299 芭蕉  庭掃きて出でばや寺に散る柳 
 300 芭蕉  波の間や小貝にまじる萩の塵 
 301 芭蕉  阿蘭陀も花に来にけり馬に鞍 阿蘭陀:オランダ
 302 芭蕉  笈も太刀も五月に飾れ紙幟 笈:おい 書物・仏具・衣服・食器などを入れて背に負う、竹をあんで 作った箱
 303 芭蕉  馬をさえ眺むる雪の朝かな 
 304 芭蕉  馬ぼくぼく我を絵に見る夏野かな 
 305 芭蕉  憂き我をさびしがらせよ閑古鳥 
 306 芭蕉  命二つの中に生きたる桜かな 
 307 芭蕉  命なりわずかの笠の下涼み 
 308 芭蕉  猪の床にも入るやきりぎりす 
 309 芭蕉  稲妻や闇の方行く五位の声 
 310 芭蕉  あらとうと青葉若葉の日の光 
 311 芭蕉  曙や白魚白きこと一寸 
 312 芭蕉  秋近き心の寄るや四畳半 
 313 芭蕉  秋風や藪も畠も不破の関 
 314 芭蕉  青くてもあるべきものは唐辛子 
 315 川端茅舎  暖かや飴の中から桃太郎 
 316 水原秋櫻子  天国の夕焼を見ずや地は枯れても 天国:ばらいそ
 317 中村草田男  亡き友肩に手をのするごと秋日ぬくし 
 318 秋元不死男  蟻這はすいつかは死ぬ手の裏表 
 319 山口青邨  めちゃくちゃに手をふり蝶にふれんとす 
 320 波多野爽波  五山の火燃ゆるグランドピアノかな 
 321 波多野爽波  裂かれたる穴子のみんな目が澄んで 
 322 波多野爽波  手が冷た頬に当てれば頬冷た 
 323 波多野爽波  リボンの娘手つなぎくるや崩れ簗 
 324 波多野爽波  暗幕にぶら下がりゐるばったかな 
 325 波多野爽波  天ぷらの海老の尾赤き冬の空 
 326 波多野爽波  招き猫水中の藻に冬が来て 
 327 波多野爽波  玄関のただ開いてゐる茂かな 茂:しげり
 328 波多野爽波  福笑鉄橋斜め前方に 
 329 波多野爽波  鶴凍てて花の如きを糞りにけり 糞り:まり
 330 波多野爽波  夜の湖の暗き流れ桐一葉 
 331 波多野爽波  桜貝長き翼の海の星 
 332 波多野爽波  本あけしほどのまぶしさ花八つ手 
 333 山口誓子  筍の天鵞絨の斑の美しき 天鵞絨:ビロード 斑:ふ
 334 山口誓子  たかんなの土出でてなほ鬱々と 
 335 河東碧梧桐  春寒し水田の上の根なし雲 
 336 松本たかし  又一つ病身に添ふ春寒し 
 337 村上鬼城  春寒やぶつかり歩く盲犬 
 338 中村汀女  春寒やすぐ手につきし焚火の香 
 339 阿波野青畝  手より落つ赤鉛筆や目借時 
 340 原石鼎  落椿を飛ぶ時長き蛙かな 落椿:おちつばき
 341 高野素十  鮭の子の下る八十八夜とか 
 342 西東三鬼  たんぽぽ地に張りつき咲けり飛行音 
 343 加賀千代女  風毎に葉を吹出すやことし竹 
 344 加賀千代女  わき道の夜半や明るく初さくら 
 345 加賀千代女  桃の日や花あとに成先に成 
 346 加賀千代女  ものの葉のまだものめかぬ余寒かな 
 347 加賀千代女  水影をくめどこぼせど朧月 
 348 加賀千代女  昼の夢ひとりたのしむ柳哉 
 349 加賀千代女  何になる空見すまして雲雀かな 
 350 加賀千代女  月の夜の桜に蝶の朝寝かな 
 351 加賀千代女  たんぽぽや折々さます蝶の夢 
 352 加賀千代女  鴬や椿落して迯て行 迯:にげ
 353 加賀千代女  閑かさは何の心やはるのそら 
 354 加賀千代女  うくひすやはてなき空をおもひ切 
 355 加賀千代女  仰向いて梅をながめる蛙かな 
 356 山口青邨  病室のわれが名札や月あかり  
 357 山口青邨  開き見る忘扇の花や月 
 358 山口青邨  朴落葉いま銀となりうらがへる 
 359 山口青邨  敗れたりきのふ残せしビール飲む 
 360 山口青邨  藻疊はよきや鴨たち雨の中 藻疊:もだたみ
 361 山口青邨  これよりは菊の酒また菊枕 
 362 山口青邨  わが心やさしくなりぬ赤のまま 
 363 三橋鷹女  田楽に酔うてさびしき男かな 
 364 三橋鷹女  棕梠の葉の氷柱房なす朝かな 
 365 三橋鷹女  萩枯れて頬白訪はずなりにけり 
 366 三橋鷹女  初冬のふたたび赤きカンナかな 
 367 三橋鷹女  花葛の淡き模様の秋袷 
 368 三橋鷹女  かたげこぼす壺の水より秋のこゑ 
 369 三橋鷹女  あかねさす雲ゆるやかに山開き 
 370 三橋鷹女  一むらのおいらん草に夕涼み 
 371 三橋鷹女  春愁ふ真珠の吾こをかたはらに 
 372 三橋鷹女  もみくちやに辛夷は吹かれ心吹かれ 
 373 三橋鷹女  高曇り蒸してつくつく法師かな 
 374 三橋鷹女  蝶とべり飛べよとおもふ掌の菫 
 375 三橋鷹女  ぶらんこを漕ぐまたひとり敵ふやし 
 376 三橋鷹女  雨風の濡れては乾き猫ぢやらし 
 377 三橋鷹女  つはぶきはだんまりの花嫌ひな花 
 378 三橋鷹女  千の蟲鳴く一匹の狂ひ鳴き 
 379 三橋鷹女  めんどりよりをんどりかなしちるさくら 
 380 三橋鷹女  顔よせて鹿の子ほのかにあたたかし 
 381 三橋鷹女  深追いの恋はすまじき沈丁花 
 382 三橋鷹女  春の夢みてゐて瞼ぬれにけり 
 383 上島鬼貫  おもしろさ急には見へぬすすきかな 
 384 上島鬼貫  つくづくともののはじまる火燵かな 
 385 上島鬼貫  草麦や雲雀があがるあれさがる 
 386 上島鬼貫  ささ栗の柴に刈らるる小春かな 
 387 上島鬼貫  鶯の鳴けば何やらなつかしう 
 388 上島鬼貫  春の水ところどころに見ゆるかな 
 389 上島鬼貫  月花を我物顔の枕かな 
 390 宝井其角  豆をうつ声のうちなる笑かな 
 391 宝井其角  ちり際は風もたのまずけしの花 
 392 宝井其角  うぐひすや遠路ながら礼かへし 
 393 宝井其角  いなづまやきのふは東けふは西 
 394 向井去来  絵の中に居るや山家の雪げしき 
 395 向井去来  朝あらしあまたの上を渡り鳥 
 396 子規  酒買ふて酒屋の菊をもらひけり 
 397 子規  冷酒を飲み過しけり後の月 
 398 子規  酒のんで一日秋をわすれけり 
 399 子規  俳を談ず秋海棠の夕哉 
 400 子規  柿もくはで随問随答を草しけり 
 401 子規  芭蕉忌や吾に派もなく伝もなし 
 402 子規  虫鳴や俳句分類の進む夜半 
 403 子規  行く年の我いまだ老いず書を読ん 書を読ん:しょをよまん
 404 子規  手向くるや余寒の豆腐初桜 
 405 子規  鯛鮓や一門三十五六人 鯛鮓:たいずし
 406 子規  芭蕉忌に参らずひとり柿を喰ふ 
 407 子規  古書幾巻水仙もなし床の上 
 408 子規  夏痩をなでつさすりて一人哉 
 409 子規  月花の愚をしぐれけり二百年 
 410 子規  月並は何と聞くらん子規 子規:ほととぎす
 411 子規  渾沌をかりに名づけて海鼠かな 
 412 子規  内のチヨマが隣のタマを待つ夜かな 
 413 子規  涅槃像仏一人は笑ひけり 
 414 子規  正月の人あつまりし落語かな 
 415 子規  やせ馬の尻ならべたるあつさ哉 
 416 子規  雞頭や不折がくれし葉雞頭 雞頭:けいとう 不折:ふせつ
 417 子規  秦々たる桃の若葉や君娶る 秦々:しんしん 漱石の結婚
 418 子規  芭蕉破れて書読む君の声近し 破れ:やれ 書:ふみ
 419 子規  人間ハマダ生キテ居ル秋ノ風 
 420 子規  栗飯ヤ病人ナガラ大食ヒ 大食ヒ:オオグラヒ
 421 子規  和歌に痩せ俳句に痩せぬ夏男 
 422 子規  日本派の句集に画く菫かな 画く菫:えがくすみれ
 423 子規  柿喰ヒの俳句好みしと伝ふべし 
 424 子規  病人ニ八十五度ノ残暑カナ 
 425 子規  今日は又足が痛みぬ五月雨 
 426 子規  立たんとす腰のつがひの冴え返る 
 427 向井去来  夕涼み疝気おこしてかへりけり 
 428 芭蕉  夕顔や酔てかほ出す窓の穴 
 429 上島鬼貫  雪で富士か不尽にて雪か不二の雪 
 430 一茶  吾庵は何を申すも藪わか葉 
 431 一茶  ゆうぜんとして山を見る蛙哉 
 432 一茶  山吹に差出口きく蛙哉 
 433 一茶  痩蛙まけるな一茶是に有 
 434 虚子  二人して綱引なんど試みよ 
 435 芭蕉  日の道や葵傾く五月雨 
 436 一茶  むくどりの仲間に入るや夕時雨 
 437 一茶  椋鳥と我をよぷ也村時雨 
 438 一茶  椋鳥と人に呼るゝ寒哉 
 439 一茶  三日月に天窓うつなよほととぎす 
 440 一茶  まだたのしまだ暑いぞよ三日の月 
 441 一茶  昼顔やぽつぽつと燃る石ころへ 
 442 一茶  昼顔やしほるゝ草を乗越乗越 
 443 一茶  昼顔やざぶざぶ汐に馴てさく 
 444 一茶  ひとらしく更へもかへけりあさ衣 
 445 一茶  伴僧が手習す也わか葉陰 伴僧:ばんそう 阿闍梨(あじゃり)に随伴して読経などの役を行なう僧。また、一寺の住職に随伴する下級僧。番僧。
 446 蕪村  日の光今朝や鰯のかしらより 
 447 芭蕉  めでたき人の数にも入ん年の暮 
 448 芭蕉  水無月や鯛はあれども塩くじら 
 449 芭蕉  ひやひやと壁をふまへて昼寝哉 
 450 芭蕉  人に家を買せて我は年忘 
 451 芭蕉  ひいと啼尻声悲し夜の鹿 
 452 向井去来  花守や白きかしらを突あはせ 
 453 上島鬼貫  むかしとへば卵塔までの葉末かな 卵塔:らんとう 墓石の一種。座台の上に、卵形の石塔婆をのせたもの。
 454 上島鬼貫  又の月もあふのひてこそ甲斐はあれ 
 455 上島鬼貫  冬は又夏がましぢゃといひにけり 
 456 上島鬼貫  富士は雪は花一時のよしの山 
 457 上島鬼貫  春雨のけふばかりとて降りにけり 
 458 上島鬼貫  花の色はからびはてたる冬木立 
 459 蕪村  芭蕉去てそのゝちいまだ年くれず 
 460 上島鬼貫  野も山も昼かとぞ首のだるくこそ 
 461 上島鬼貫  ねられぬやにがにがしくも鳴千鳥 
 462 上島鬼貫  にょつぽりと秋の空なる不尽の山 
 463 上島鬼貫  なんと菊のかなぐられふぞ枯てだに 
 464 上島鬼貫  月代やむかしの近き須磨の浦 
 465 上島鬼貫  谷水や石も歌よむ山櫻 
 466 一茶  はつ雪やいろはにほへと習声 
 467 一茶  八兵衛や泣ざなるまい虎が雨 虎が雨:陰暦の五月二十八日に降る雨のこと。曾我兄弟の兄、十郎が新田 忠常に切り殺されことを、愛人の虎御前が悲しみ、その涙が雨に なったという言伝えに由来する。
 468 一茶  寝て起て我もつらつら椿哉 
 469 一茶  なはしろに蛙の鳴やときの声 
 470 一茶  なまけるないろはにほへと散桜 
 471 一茶  旅人に雨降花の咲にけり 
 472 一茶  竹ぎれで手習ひをするまゝ子哉 
 473 一茶  大帳を枕としたる暑かな 大帳:だいちょう 台帳 大福帳
 474 一茶  芝居迄降りつぶしたりけふの月 
 475 一茶  白髪同志春をゝしむもばからしや 
 476 一茶  叱てもしゃあしゃあとして蛙哉 
 477 一茶  ことしこそ小言相手も夏座敷 
 478 一茶  今年から丸もうけぞよ娑婆遊び 娑婆遊び:さばあそび もう一生分は生きてしまったのだから、これから先はおまけのようなもの、つらいことがあろうと悩みがあろうと命があるだけで丸儲け。
 479 一茶  五十婿天窓をかくす扇かな 
 480 一茶  けろけろと師走月よの榎哉 
 481 一茶  けさ秋と云計りでも老にけり 
 482 上島鬼貫  此露を待て寝たぞや起たぞや 
 483 蕪村  底のない桶こけ歩行野分哉 歩行:あるく
 484 蕪村  時雨るゝや蓑買ふ人のまことより 
 485 金子兜太  夏の山国母いてわれを与太という 
 486 一茶  究竟の雨といふ也けふの月 
 487 一茶  けふの月我もむさしに往合 往合:すみあわせ
 488 上島鬼貫  そよりともせいで秋たつ事かいの 
 489 上島鬼貫  須磨に此吾妻からげやしほ衣 
 490 上島鬼貫  さつき雨たゞふるものと覚へけり 
 491 上島鬼貫  きかぬやうに人はいふ也郭公 
 492 上島鬼貫  蚊をよけて親の鼾や郭公 郭公:ほととぎす
 493 上島鬼貫  川越て赤き足ゆく枯柳 
 494 芭蕉  腰たけや鶴脛ぬれて海涼し 脛:すね
 495 芭蕉  象潟や雨に西施がねむの花 
 496 芭蕉  象潟の雨や西施がねむの花 
 497 芭蕉  かれ朶に鳥のとまりけり秋の暮 
 498 加賀千代女  若水や流るるうちに去年ことし 
 499 三橋鷹女  路地裏もあはれ満月去年今年 
 500 久保田万太郎  去年の月のこせる空のくらきかな 
 501 上島鬼貫  歩行ならば杖つき坂を落馬哉 
 502 上島鬼貫  かけまはる夢や焼野の風の音 
 503 上島鬼貫  おとゝしのから鮭買ふてやすいもの 
 504 上島鬼貫  鶯や音を入れて只青い鳥 
 505 上島鬼貫  あたゝかに冬の日南の寒き哉 
 506 上島鬼貫  あたゝかに冬の日なたの寒き哉 
 507 上島鬼貫  東路の夜露こふたる紙子哉 
 508 一茶  さぼてんを上坐に直ス冬至哉 
 509 一茶  我梅はなんのけもなき冬至哉 
 510 一茶  むつかしや今月が入寒が入 今月が入:いまつきがいる
 511 一茶  上白の一陽来たり梅の花  上白:かみしろ
 512 一茶  粥くふも物しりらしき冬至哉 
 513 一茶  おれとして白眼くらする蛙かな 白眼:にらみ
 514 一茶  姥捨た罪も亡んけふの月 亡ん:ほろびん
 515 一茶  大水や大昼顔のけろり咲 
 516 一茶  老の身は暑のへるも苦労哉 
 517 一茶  老が身は鼠も引ぬ夜寒哉 
 518 一茶  うす緑にぼりして逃る鳴蛙 
 519 一茶  いろはにほへとを習ふいろり哉 
 520 一茶  有合の山ですますやけふの月 
 521 一茶  暑き日やひやと算盤枕哉 
 522 一茶  暑き日に面は手習した子かな 
 523 一茶  あついとてつらで手習した子かな 
 524 一茶  ふしぎ也生た家でけふの月 
 525 一茶  名月や松ない島も天窓数 
 526 一茶  破壁や我が名月の今御座る 
 527 一茶  寝むしろも是名月ぞ名月ぞ 
 528 一茶  山里は小鍋の中も名月ぞ 
 529 一茶  名月や寝ながらおがむ体たらく 
 530 一茶  名月や草の下坐はどこの衆 
 531 一茶  仇藪も貧乏かくしぞけふの月 仇藪:あだやぶ
 532 一茶  秋立や雨ふり花のけろけろと 
 533 芭蕉  牛部やに蚊の声聞き残暑哉 
 534 芭蕉  あつみ山や吹浦かけて夕すゞみ 
 535 蕪村  うぐいすや家内揃うて飯時分 
 536 蕪村  いばりせしふとんほしたる須磨の里 
 537 蕪村  青梅に眉あつめたる美人哉 
 538 山口青邨  簪のゆれつゝ下る初詣 簪:かんざし
 539 山口誓子  折りし皮ひとりで開く柏餅 
 540 山口誓子  鯉幟風に折れ又風に伸ぶ 
 541 森澄雄  雪嶺のひとたび暮れて顕はるる 
 542 森澄雄  芭蕉忌の暮れて甘ゆる鳰のこゑ 
 543 森澄雄  はるかまで旅してゐたり昼寝覚 
 544 森澄雄  田を植ゑて空も近江の水ぐもり 
 545 村上鬼城  七夕やくらがりで結ふたばね髪 
 546 三橋鷹女  秋風や水より淡き魚のひれ 
 547 水原秋櫻子  羽子板市三日の栄華つくしけり 
 548 水原秋櫻子  雨ごもり筍飯を夜は炊けよ 
 549 松本たかし  秋晴の何処かに杖を忘れけり 
 550 松本たかし  羅をゆるやかに着て崩れざる 羅:うすらい うすもの
 551 松根東洋城  山からの雨潔き夏野かな 
 552 子規  押しあふて又卯の花の咲きこぼれ 
 553 星野立子  冬日和心にも翳なかりけり 翳:かげり
 554 蕪村  秋立つや素湯香しき極楽院 
 555 蕪村  涼しさや鐘をはなるゝかねの声 
 556 原石鼎  門松のやゝかたむくを直し入る 
 557 原石鼎  鹿二つ立ちて淡しや月の丘 
 558 原石鼎  雨ふくむ葉の重みして若楓 
 559 波多野爽波  川床つづくぽっかり開いてまたつづく 
 560 芭蕉  石山の石より白し秋の風 
 561 橋本多佳子  大綿は手に捕りやすしとれば死す 大綿:綿虫 雪虫、雪蛍、白粉婆
 562 橋本多佳子  濃き墨のかわきやすさよ青嵐 
 563 橋本多佳子  罌栗ひらく髪の先まで寂しきとき 罌栗:けし
 564 能村登四郎  今年より吾子の硯のありて洗ふ 
 565 能村登四郎  溝浚ひはじめての水ほとばしる 溝浚ひ:みぞさらい
 566 中村汀女  たちまちに蜩の声揃ふなり 蜩:ひぐらし
 567 中村草田男  あたたかき十一月もすみにけり 
 568 中村草田男  玫瑰や今も沖には未来あり 玫瑰:はまなす
 569 内藤鳴雪  爼に薺のあとの匂ひかな 爼:まないた 薺:なずな 
 570 富安風生  初富士の大きかりける汀かな 
 571 富安風生  夏山の立ちはだかれる軒端かな 
 572 富安風生  老鶯や珠のごとくに一湖あり 
 573 加賀千代女  落ち鮎や日に日に水のおそろしき 
 574 竹下しづの女  月代は月となり灯は窓となり 
 575 高浜年尾  溝蕎麦は水の際より咲きそめし 
 576 杉田久女  春繭や雨をふくみて薄みどり 
 577 芝不器男  麦車馬におくれて動き出づ 麦車:むぎぐるま 麦刈りの道具
 578 西東三鬼  鏡餅暗きところに割れて座す 
 579 西東三鬼  モナリザに仮死いつまでもこがね虫 
 580 西東三鬼  身に貯へん全山の蝉の声 
 581 西東三鬼  海から無電うなづき歩む初夏の鳩 
 582 山口誓子  春眠のわが身をくぐる波の音 
 583 山口誓子  紫が深まれば黒雨の菫 
 584 川端茅舎  亀甲の粒ぎっしりと黒葡萄 
 585 虚子  石段に一歩をかけぬ初詣 
 586 芭蕉  かたつぶり角ふりわけよ須磨明石 
 587 久保田万太郎  盆の月ひかりを雲にわかちけり 
 588 久保田万太郎  夏の月いま上りたるばかりかな 
 589 加藤楸邨  こけさまにほうと抱ゆる西瓜かな 
 590 加藤楸邨  山茶花のこぼれつぐなり夜も見ゆ 
 591 上田五千石  万緑や死は一弾を以て足る 
 592 蕪村  早梅や御室の里の売やしき 御室:みむろ
 593 蕪村  麦蒔や百まで生る貌ばかり 
 594 橋本多佳子  木の実独楽ひとつおろかに背が高き 
 595 西東三鬼  大寒や転びて諸手つく哀しさ 
 596 石田波郷  蝶燕母も来給ふ死に得んや 
 597 加藤楸邨  おぼろ夜のかたまりとしてものおもふ 
 598 虚子  五女の家に次女と駆け込む春の雷 
 599 飯田龍太  強霜の富士や力を裾までも 強霜:つよじも
 600 飯田龍太  六月の花のさざめく水の上 
 601 飯田龍太  山の木に風すこしある薄暑かな 
 602 飯田蛇笏  いんぎんにことづてたのむ淑気かな 淑気:しゅくき 新年の神々(こうごう)しい雰囲気
 603 飯田蛇笏  山中の巌うるほひて初しぐれ 
 604 飯田蛇笏  炎天を槍のごとくに涼気すぐ 
 605 阿波野青畝  にぎはしき雪解雫の伽藍かな 
 606 阿部みどり女  初鶏にこたふる鶏も遠からぬ 
 607 阿部みどり女  鉦叩風に消されてあと打たず 
 608 芥川龍之介  初午の祠ともりぬ雨の中 
 609 秋元不死男  跳ぶさまで止る聖夜の赤木馬 
 610 秋元不死男  豊年や切手をのせて舌甘し 
 611 秋元不死男  引く波に貝殻鳴りて実朝忌 
 612 長谷川かな女  冬さうびかたくなに濃き黄色かな 冬そうび:冬薔薇
 613 阿波野青畝  冬薔薇や青天井に蔓まげて 
 614 加藤楸邨  冬薔薇瞳によろこべりうつうつと 冬薔薇:ふゆそうび
 615 松瀬青々  蕪干せば冬の日低うなりにけり  
 616 山口青邨  赤蕪を一つ逸しぬ水迅く  
 617 石原八束  緋蕪菁を買ふ乳母車かたへにし  
 618 子規  画室成る蕪を贈つて祝ひけり  
 619 鈴木真砂女  梅雨寒く小蕪真白く洗はるゝ  
 620 原石鼎  太陽に黒点出来し蕪かな  
 621 中村汀女  土を出て蕪一個として存す 
 622 水原秋櫻子  佗助を挿すとて据ゑぬ蕪徳利 
 623 一茶  おく霜の一味付けし蕪かな 
 624 石田波郷  七夕竹惜命の文字隠れなし 
 625 一茶  春の月さはらば雫たりぬべし 
 626 阿波野青畝  よこたへて金ほのめくや桜台 
 627 中村草田男  そら豆の花の黒き目数知れず 
 628 長谷川素逝  菜の花の暮れてなほある水明り 
 629 右城暮石  蝌蚪生れ黒き塊まだ解かず 
 630 松本たかし  眼にあてて海が透くなり桜貝 
 631 秋元不死男  はるばると海よりころげきし栄螺 栄螺:さざえ
 632 中村汀女  部屋のことすべて鏡にシクラメン 
 633 石原八束  天平の仏にまみえ青き踏む 青き踏む:野遊び 一歩一歩進むという気分
 634 秋元不死男  せせらぎや駈けだしさうに土筆生ふ 生ふ:おふ
 635 一茶  春雨や喰はれ残りの鴨が鳴く 
 636 日野草城  きさらぎの藪にひびける早瀬かな 
 637 西東三鬼  垂れ髪に雪をちりばめ卒業す 
 638 大野林火  春山を出でくる川に堰いくつ 
 639 長谷川かな女  土筆野やよろこぶ母につみあます 
 640 飯田蛇笏  洟かんで耳鼻相通ず今朝の秋 洟:はな
 641 山口青邨  へつつひの煙にむせぶ梅の宿 へつつひ かまど はがま
 642 山口青邨  わが前に垂れて花あり枝垂梅 
 643 虚子  あたゝかや蜆ふえたる裏の川 
 644 日野草城  暮れそめてにはかに暮れぬ梅林 
 645 星野立子  仮住のなれぬ水仕や春浅き 水仕:みずし 台所で水仕事をすること
 646 久保田万太郎  淡雪のつもるつもりや砂の上 
 647 大野林火  物置けばすぐ影添ひて冴返る 冴返る:さえかえる
 648 金子兜太  鰯雲日かげは水の音迅く 
 649 山口誓子  虹の環を以て地上のものかこむ 環を以て:わをもって
 650 阿波野青畝  しづり雪誘ひさそはれ淵に落つ 
 651 石田波郷  春雪三日祭の如く過ぎにけり 
 652 黒田杏子  ひとはみなひとわすれゆくさくらかな 
 653 中村草田男  咲き切って薔薇の容を超えけるも 容:かたち
 654 金子兜太  被爆の人や牛や夏野をただ歩く 
 655 金子兜太  合歓の花君と別れてうろつくよ 
 656 金子兜太  老母指せば蛇の体の笑うなり 
 657 金子兜太  大航海時代ありき平戸に朝寝して 
 658 金子兜太  秋高し仏頂面も俳諧なり 
 659 金子兜太  妻病めば葛たぐるごと過去たぐる 
 660 金子兜太  春落日しかし日暮れを急がない 
 661 金子兜太  唯今二一五〇羽の白鳥と妻居り 
 662 金子兜太  どどどどと蛍袋に蟻騒ぐぞ 
 663 金子兜太  麦秋の夜は黒焦げ黒焦げあるな 
 664 金子兜太  朝寝して白波の夢ひとり旅 
 665 金子兜太  花柘榴の花の点鐘恵山寺 
 666 金子兜太  抱けば熟れいて夭夭の桃肩に昴 夭夭:ようよう
 667 金子兜太  麒麟の脚のごとき恵みよ夏の人 
 668 金子兜太  猪が来て空気を食べる春の峠 
 669 金子兜太  谷間谷間に満作が咲く荒凡夫 荒凡夫:あらぼんぷ 庶民ながら自由気ままに生きる人
 670 金子兜太  山国や空にただよう花火殻 
 671 金子兜太  人刺して足長蜂帰る荒涼へ 
 672 金子兜太  ぎらぎらの朝日子照らす自然かな 
 673 尾崎放哉  肉がやせて来る太い骨である 
 674 虚子  人形の足袋うち反りてはかれけり 
 675 波多野爽波  雪うさぎ柔かづくり固づくり 
 676 大野林火  城に灯が入りかまくらもともるなり 
 677 子規  人の手にはや古りそめぬ初暦 
 678 星野立子  元旦やいつもの道を母の家 
 679 松本たかし  みんなみの海湧き立てり椿山 
 680 星野立子  かげりたるばかりの道や落椿 
 681 渡辺水巴  我去れば水も寂しや谷の梅 
 682 星野立子  十年前亡くなりしとや人の秋 
 683 阿波野青畝  蜆舟国引のこの湖 
 684 水原秋櫻子  顔見世や名もあらたまる役者ぶり 
 685 富安風生  万両のほかに生家の記憶なし 
 686 金子兜太  林間を人ごうごうと過ぎゆけり 
 687 金子兜太  最果ての赤鼻の赤魔羅の岩群 
 688 金子兜太  無神の旅あかつき岬をマッチで燃し 
 689 金子兜太  男鹿の荒波黒きは耕す男の眼 
 690 芥川龍之介  労咳の頬美しや冬帽子 
 691 飯田蛇笏  死病得て爪美しき火桶かな 
 692 松本たかし  綺羅星は私語し雪嶺これを聴く 
 693 蕪村  うつゝなきつまみごゝろの胡蝶哉 
 694 西東三鬼  おそるべき君等の乳房夏来る 君等の乳房夏来る:きみらのちぶさなつきたる
 695 金子兜太  豹が好きな子霧中の白い船具 
 696 金子兜太  銀行員ら朝より蛍光す烏賊のごとく 
 697 金子兜太  朝はじまる海へ突込む鷗の死 
 698 金子兜太  人生冴えて幼稚園より深夜の曲 
 699 長谷川かな女  陽の篠のゆらぐ厄日の窓格子 
 700 長谷川かな女  青柿落ちる女が堕ちるところまで 
 701 長谷川かな女  芭蕉忌の紫苑ぐさりと剪り終る 
 702 長谷川かな女  面白くて笠をさすならげんげん野 
 703 長谷川かな女  ホテルの灯掴みて出でし夏手袋 
 704 長谷川かな女  舟虫に海女が置き去る藁草履 
 705 長谷川かな女  前掛が隠す総菜柿照葉 
 706 長谷川かな女  歎異抄に二月耐へゐぬうつ伏して 
 707 長谷川かな女  草の實に佇ちし二人が喜壽の今日 
 708 長谷川かな女  カンナ立ち廃兵いまだ巷にあり 
 709 長谷川かな女  夜の雪となる焼跡を通りすぎ 
 710 長谷川かな女  膝かけの下にかくすは恋慕の手 
 711 長谷川かな女  ママと書きママと書き月見草の夕 
 712 長谷川かな女  水中花菊も牡丹も同じ色 
 713 長谷川かな女  雪女郎添寝す笹のうすみどり 
 714 長谷川かな女  湯豆腐の一と間根岸は雨か雪 
 715 長谷川かな女  頂の瘤に雲這う富士遅日 
 716 長谷川かな女  残菊や一管の笛に執着し 
 717 長谷川かな女  ちちははの役をひとりに秋袷 
 718 長谷川かな女  西鶴の女みな死ぬ夜の秋 
 719 長谷川かな女  びしびしと枯枝折って天のあり 
 720 長谷川かな女  生れたる日本橋の雨月かな 
 721 長谷川かな女  牡丹みな崩るゝ強き日あたれり 
 722 長谷川かな女  冬そうびかたくなに濃き黄色かな 
 723 長谷川かな女  冬ざれて焚く火に凹む大地かな 
 724 長谷川かな女  呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 
 725 長谷川かな女  龍膽の太根切りたり山刀 龍膽:りんどう りゅうたん
 726 長谷川かな女  願ひ事なくて手古奈の秋淋し 手古奈:てこな 葛飾(勝鹿)の真間に奈良時代以前に住んでいたとされる美しい女性の名
 727 長谷川かな女  時鳥女はものゝ文秘めて 
 728 日野草城  思ふこと多ければ咳しげく出づ 
 729 日野草城  先生はふるさとの山風薫る 
 730 日野草城  新涼やさらりと乾く足の裏 
 731 日野草城  おのれ照るごとくに照りて望の月 
 732 日野草城  高熱の鶴青空に漂へり 
 733 日野草城  わがいのちいよよさやけし露日和 
 734 日野草城  望の夜もともしび明く病みにけり 
 735 日野草城  草も樹もしづかに梅雨はじまりぬ 
 736 日野草城  新緑やかぐろき幹につらぬかれ 
 737 日野草城  春の宵妻のゆあみの音きこゆ 
 738 日野草城  山茶花やいくさに敗れたる国の 
 739 日野草城  ひと拗ねてものいはず白き薔薇となる 
 740 日野草城  毎日の景色が雨に濡れてゐる 
 741 日野草城  伊勢えびにしろがねの刃のすずしさよ 
 742 日野草城  をみなとはかかるものかも春の闇 
 743 日野草城  をさなごのひとさしゆびにかかる虹 
 744 日野草城  春眠や鍵穴つぶす鍵さして 
 745 日野草城  宝恵駕の妓のまなざしの来てゐたる 妓:こ
 746 日野草城  タイピストコップに薔薇をひらかしむ 
 747 日野草城  茅渟の海春の大潮みちにけり 茅渟:チヌ 黒鯛
 748 日野草城  サイダーのうすきかをりや夜の秋 
 749 日野草城  白南風や化粧にもれし耳の陰 
 750 日野草城  春の夜や檸檬に触るる鼻の先 
 751 星野立子  露の世の間に合はざりしことばかり 
 752 星野立子  芝焼いてまこと賢き月出でぬ 
 753 星野立子  月の下死に近づきて歩きけり 
 754 星野立子  秋風のそこに見えをり音立てゝ 
 755 松本たかし  恐ろしき緑の中に入りて染まらん 
 756 松本たかし  久闊や秋水となり流れゐし 久闊:きゅうかつ 久しく会わないこと
 757 星野立子  下萌えぬ人間それに従ひぬ 
 758 星野立子  考へても疲るゝばかり曼珠沙華 
 759 星野立子  娘等のうかうかあそびソーダ水 
 760 星野立子  つんつんと遠ざかりけりみちをしへ 
 761 星野立子  蝌蚪一つ鼻杭にあて休みをり 蝌蚪:かと おたまじゃくし
 762 松本たかし  撫で下す顔の荒れゐる日向ぼこ 
 763 松本たかし  白焔の緑の緑や冬日燃ゆ 白焔:はくえん 焔:ほむら
 764 松本たかし  思ふどち紫苑の晴にうち集ひ 
 765 松本たかし  春潮の底とどろきの淋しさよ 
 766 松本たかし  預けある鼓打ちたし冬の梅 
 767 松本たかし  あたたかき深き空洞の炬燵かな 
 768 松本たかし  露涼し神も朝扉を開け給ふ 
 769 松本たかし  するすると涙走りぬ籠枕 
 770 松本たかし  一円に一引く注連の茅の輪かな 
 771 松本たかし  渋柿の滅法生りし愚かさよ 
 772 松本たかし  庖丁を取りて打撫で桜鯛 
 773 松本たかし  起ち上る風の百合あり草の中 
 774 松本たかし  鴨を得て鴨雑炊の今宵かな 
 775 松本たかし  くきくきと折れ曲りけり蛍草 
 776 松本たかし  我去れば鶏頭も去りゆきにけり 
 777 松本たかし  雨音のかさむりにけり虫の宿 
 778 松本たかし  十棹とはあらぬ渡しや水の秋 
 779 松本たかし  ひく波の跡美しや桜貝 
 780 松本たかし  一つづつ田螺の影の延びてあり 
 781 水原秋櫻子  朝寝せり孟浩然を始祖として 孟浩然:もうこうねん 唐代(盛唐)の代表的な詩人
 782 水原秋櫻子  蜻蛉うまれ緑眼煌とすぎゆけり  
 783 水原秋櫻子  山櫻雪嶺天に声もなし 
 784 水原秋櫻子  薔薇の坂にきくは浦上の鐘ならずや 
 785 水原秋櫻子  べたべたに田も菜の花も照りみだる 
 786 水原秋櫻子  伊豆の海や紅梅の上に波ながれ 
 787 水原秋櫻子  門とぢて良夜の石と我は居り 
 788 水原秋櫻子  この沢やいま大瑠璃鳥のこゑひとつ 
 789 水原秋櫻子  山茱萸にけぶるや雨も黄となんぬ 茱萸:ぐみ
 790 水原秋櫻子  狂ひつつ死にし君ゆゑ絵のさむさ 
 791 水原秋櫻子  雪渓をかなしと見たり夜もひかる 
 792 水原秋櫻子  白樺を幽かに霧のゆく音か 
 793 水原秋櫻子  むさしのの空真青なる落葉かな 
 794 水原秋櫻子  梨咲くと葛飾の野はとの曇り 
 795 水原秋櫻子  馬酔木より低き門なり浄瑠璃寺 
 796 中村汀女  菊白し独りの紅茶すぐ冷ゆる 
 797 中村汀女  聞き置くと云ふ言葉あり菊膾 
 798 中村汀女  白玉や人づきあひをまた歎き 
 799 中村汀女  滴りの思ひこらせしとき光る 
 800 中村汀女  次の子も屠蘇を綺麗に干すことよ 
 801 中村汀女  母我をわれ子を思ふ石蕗の花 
 802 中村汀女  夏帯やわが娘きびしく育てつつ 
 803 中村汀女  秋暑き汽車に必死の子守歌 
 804 中村汀女  たらちねの蚊帳の吊手の低きまま 
 805 中村汀女  夫と子をふっつり忘れ懐手 
 806 中村汀女  子を守りて母うつつなき飛燕かな 
 807 中村汀女  子等のものからりと乾き草枯るる 
 808 中村汀女  遠雷や睡ればいまだいとけなく 
 809 中村汀女  春泥に振りかへる子が兄らしや 
 810 中村汀女  春の海のかなたにつなぐ電話かな 
 811 中村汀女  咳をする母を見上げてゐる子かな 
 812 中村汀女  末の子が黴と言葉を使ふほど 
 813 中村汀女  肉皿に秋の蜂来るロッジかな 
 814 中村汀女  遠けれどそれきりなれど法師蝉 
 815 中村汀女  地階の灯春の雪ふる樹のもとに 
 816 中村草田男  旧景が闇を脱ぎゆく大旦 大旦:おおあした 元旦のこと
 817 中村草田男  厚飴割ればシクと音して雲の峰 
 818 中村草田男  いくさよあるな麦生に金貨天降るとも 
 819 中村草田男  膝に来て模様に満ちて春着の子 
 820 中村草田男  玉虫交る土塊どちは愚かさよ 
 821 富安風生  九十五齢とは後生極楽春の風 
 822 富安風生  朴枯葉枝と訣るる声耳に 訣るる:わかるる
 823 富安風生  春惜しむ心と別に命愛し 
 824 富安風生  月に執す五欲の外の慾をもて 
 825 富安風生  こときれてなほ邯鄲のうすみどり 邯鄲:かんたん 体はスズムシに似て細長く、淡黄緑色。山地の草の間に多い
 826 富安風生  狐火を信じ男を信ぜざる 
 827 富安風生  あはあはと富士容あり炎天下 
 828 富安風生  赤富士に露滂沱たる四辺かな 滂沱:坊うだ 雨が激しく降るさま
 829 富安風生  蟻地獄寂莫として飢ゑにけり 寂莫:じゃくまく ひっそりしていてさびしいこと せきばく
 830 富安風生  抱一の観たるたがごとく葛の花 
 831 富安風生  鮭あはれ老の手だれの簎を受く  簎:やす 長い柄の先に数本に分かれたとがった鉄の金具を付けた漁具
 832 富安風生  小鳥来て午後の紅茶のほしきころ 
 833 富安風生  つくらねど句は妻もすき波薐草 波薐草:ほうれんそう
 834 富安風生  虫の音も月光もふと忘るる時 
 835 富安風生  母の忌やその日のごとく春時雨 
 836 富安風生  走馬燈へだてなければ話なし 
 837 橋本多佳子  鵜舟に在りわが身の火の粉うちはらひ 
 838 橋本多佳子  一粒を食べて欠きたる葡萄の房 
 839 橋本多佳子  月一輪凍湖一輪光りあふ 
 840 橋本多佳子  嘆きゐて虹濃き刻を逸したり 
 841 橋本多佳子  炎天の梯子昏きにかつぎ入る 
 842 橋本多佳子  恋猫のかへる野の星沼の星 
 843 橋本多佳子  蟇をりて吾溜息を聴かれたり 
 844 橋本多佳子  夫恋へば吾に死ねよと青葉木菟 
 845 橋本多佳子  凍蝶を容れて十指をさしあはす 
 846 橋本多佳子  蛇を見し眼もて弥勒を拝しけり 
 847 橋本多佳子  泣きしあとわが白息の豊かなる 
 848 橋本多佳子  母と子のトランプ狐啼く夜なり 
 849 橋本多佳子  雪しまきわが喪の髪はみだれたり 
 850 波多野爽波  茎といふ大事なものやさくらんぼ 
 851 波多野爽波  ついて来る人はと見れば吾亦紅 
 852 波多野爽波  冬ざるるリボンかければ贈り物 
 853 波多野爽波  大根の花まで飛んでありし下駄 
 854 波多野爽波  骰子の一の目赤し春の山 骰子:さいころ
 855 波多野爽波  山吹の黄を挟みゐる障子かな  
 856 波多野爽波  あかあかと屏風の裾の忘れもの 
 857 波多野爽波  蓑虫にうすうす目鼻ありにけり 
 858 波多野爽波  沈丁の花をじろりと見て過ぐる 
 859 波多野爽波  箒木が箒木を押し傾けて 
 860 波多野爽波  吾を容れてはばたくごとし春の山 
 861 波多野爽波  鶏頭に手を置きて人諭すごとし 
 862 波多野爽波  芹の水照るに用心忘れた鶏 
 863 波多野爽波  白粉花吾子は淋しい子かも知れず 
 864 波多野爽波  美しやさくらんぼうも夜の雨も 
 865 波多野爽波  シーソーの尻が打つ地の薄暑かな 
 866 波多野爽波  本開けしほどのまぶしさ花八手 
 867 波多野爽波  誰よりも早く秋めく心かな 
 868 能村登四郎  一条のけむり入りたる夏氷 
 869 能村登四郎  霜掃きし箒しばらくして倒る 
 870 能村登四郎  夏掛けのみづいろといふ自愛かな 
 871 能村登四郎  紐すこし貰ひに来たり雛納め 
 872 能村登四郎  初あかりそのまま命あかりかな 
 873 能村登四郎  削るほど紅さす板や十二月 
 874 能村登四郎  ほたる火の冷たさをこそ火と言はめ 
 875 能村登四郎  鶏頭をあさき夢見のあと倒す 
 876 能村登四郎  くらがりに水が慄へる星まつり 慄:おののく 恐怖や興奮などで身体が震える思いをする。身体をわななかせる。戦慄する
 877 能村登四郎  一月の音にはたらく青箒 
 878 能村登四郎  今日の雲けふにて亡ぶ蟻地獄 
 879 能村登四郎  ふかく妻の腕をのめり炭俵 
 880 種田山頭火  泊まることにしてふるさとの葱坊主 
 881 種田山頭火  あるけばかっこういそげばかっこう 
 882 種田山頭火  雲がいそいでよい月にする 
 883 種田山頭火  あるけばきんぽうげすわればきんぽうげ 
 884 種田山頭火  けふもいちにち誰も来なかったほうたる 
 885 種田山頭火  やっぱり一人がよろしい雑草 
 886 種田山頭火  雪へ雪ふるしづけさにをる 
 887 種田山頭火  水音しんじつおちつきました 
 888 種田山頭火  笠へぽっとり椿だった 
 889 種田山頭火  酔うてこほろぎと寝てゐたよ 
 890 種田山頭火  しみじみ食べる飯ばっかりの飯である 
 891 種田山頭火  すべってころんで山がひっそり 
 892 種田山頭火  どうしようもないわたしが歩いてゐる 
 893 種田山頭火  まっすぐな道でさみしい 
 894 種田山頭火  けふもよく働いて人のなつかしや 
 895 竹下しづの女  梅を供す親より背より子ぞ哀し 
 896 竹下しづの女  枯葦の辺に夜の路をうしなひぬ 
 897 竹下しづの女  梅おそし子を病ましむる責ふかく 
 898 竹下しづの女  悲憤あり吐きし西瓜の種子黒く 
 899 竹下しづの女  たゝまれてあるとき妖し紅ショール 
 900 竹下しづの女  苔の香のしるき清水を化粧室にひき 化粧室:トワレ トイレ
 901 竹下しづの女  汝に告ぐ母が居は藤真盛りと 
 902 竹下しづの女  たゞならぬ世に待たれ居て卒業す 
 903 竹下しづの女  幾何を描く児と元日を籠るなり 
 904 竹下しづの女  吾がいほは豊葦原の華がくり 
 905 竹下しづの女  母の名を保護者に負ひて卒業す 
 906 竹下しづの女  ことごとく夫の遺筆や種子袋 
 907 竹下しづの女  カルタ歓声が子を守るわれの頭を撲って 歓声:どよみ
 908 竹下しづの女  今年尚其冬帽乎惜大夫 夫:づま 
 909 竹下しづの女  手袋とるや指輪の玉のうすぐもり 
 910 鷹羽狩行  秋風や寄れば柱もわれに寄り 
 911 鷹羽狩行  露の夜や星を結べば鳥けもの 
 912 鷹羽狩行  初富士の浮かび出でたるゆふべかな 
 913 鷹羽狩行  しづけさに加はる跳ねてゐし炭も 
 914 鷹羽狩行  地球またかく青からむ龍の玉 
 915 鷹羽狩行  生きすぎて忘れらるるな山椒魚 
 916 鷹羽狩行  麦踏みのまたはるかなるものめざす 
 917 鷹羽狩行  赤きもの獅子舞となる山河かな 
 918 鷹羽狩行  来世には天馬になれよ登山馬 
 919 鷹羽狩行  秋風や魚のかたちの骨のこり 
 920 鷹羽狩行  壁画とも天井画とも梅仰ぐ 
 921 鷹羽狩行  湖といふ大きな耳に閑古鳥 湖:うみ
 922 鷹羽狩行  ひとすぢの流るる汗も言葉なり 
 923 鷹羽狩行  紅梅や枝々は空奪ひあひ 
 924 鷹羽狩行  虹なにかしきりにこぼす海の上 
 925 鷹羽狩行  一対か一対一か枯野人 
 926 鷹羽狩行  天瓜粉しんじつ吾子は無一物 
 927 鷹羽狩行  花椿われならば急流へ落つ 
 928 鷹羽狩行  畦を違えて虹の根に行けざりし 
 929 高野素十  たんぽぽのサラダの話野の話 
 930 高野素十  山吹の一重の花の重なりぬ 
 931 高野素十  双鷹の次第に遠く舞ひ連るる 
 932 高野素十  燃えてゐる火のところより芒折れ 
 933 高野素十  雪片のつれ立ちてくる深空かな 
 934 高野素十  漂へる手袋のある運河かな 
 935 高野素十  まっすぐの道に出でけり秋の暮 
 936 高野素十  早乙女の夕べの水にちらばりて 
 937 高野素十  朝顔の双葉のどこか濡れゐたる 
 938 高野素十  揚雲雀時時見上げ憩ひけり 
 939 高野素十  小をんなの髪に大きな春の雪 
 940 高野素十  野に出れば人みなやさし桃の花 
 941 高野素十  探梅や枝のさきなる梅の花 
 942 鈴木真砂女  曳くよりも曳かるる船の寒さかな 
 943 鈴木真砂女  人あまた泳がせて海笑ひけり 
 944 鈴木真砂女  鍋物に火のまわり来し時雨かな 
 945 鈴木真砂女  冬に入る己励ます割烹着 
 946 鈴木真砂女  花冷や箪笥の底の男帯 
 947 鈴木真砂女  愛憎のかくて薄るる単衣かな 
 948 鈴木真砂女  鯛は美のおこぜは醜の寒さかな 
 949 鈴木真砂女  湯豆腐や男の歎ききくことも 
 950 鈴木真砂女  黴の宿いくとせ恋の宿として 
 951 鈴木真砂女  白桃に人刺すごとく刃を入れて 
 952 鈴木真砂女  冬の夜の海眠らねば眠られず 
 953 鈴木真砂女  降る雪やこゝに酒売る灯をかゝげ 
 954 鈴木真砂女  アパートがつひの棲家か木の芽和 
 955 鈴木真砂女  夏帯や運切りひらき切りひらき 
 956 鈴木真砂女  つきつめてものは思わじさくらもち 
 957 鈴木真砂女  すみれ野に罪あるごとく来て二人 
 958 鈴木真砂女  大夕焼わが家焼きたる火の色に 
 959 鈴木真砂女  罪障のふかき寒紅濃かりけり 
 960 鈴木真砂女  生簀籠波間に浮ける遅日かな 生簀籠:いけすかご
 961 鈴木真砂女  初凪やものゝこほらぬ国に住み 
 962 芝不器男  山の蚊の縞あきらかや嗽 嗽:くちすすぐ
 963 芝不器男  一片のパセリ掃かるゝ暖炉かな 
 964 芝不器男  秋の日をとづる碧玉数しらず 
 965 芝不器男  さきだてる鵞鳥踏まじと帰省かな 
 966 芝不器男  うまや路や松のはろかに狂ひ凧 
 967 芝不器男  寒鴉己が影の上におりたちぬ 
 968 芝不器男  ふるさとの幾山垣やけさの秋 
 969 芝不器男  凩や倒れざまにも三つ星座 
 970 芝不器男  ふるさとを去ぬ日来向ふ芙蓉かな 
 971 芝不器男  風鈴の空は荒星ばかりかな 荒星:木枯らしの吹く夜の星
 972 芝不器男  向日葵の蕊を見るとき海消えし 蕊:しべ
 973 芝不器男  汽車見えてやがて失せたる田打かな 
 974 芝不器男  新藁や永劫太き納屋の梁 
 975 西東三鬼  五月の海へ手垂れ足垂れ誕生日 
 976 西東三鬼  眼帯の内なる眼にも曼珠沙華 
 977 西東三鬼  くらやみに蝌蚪の手足が生えつつあり 
 978 西東三鬼  まくなぎの阿鼻叫喚をひとり聴く まくなぎ:人の顔などにまつわりつく小さな羽虫
 979 西東三鬼  中年や独言おどろく冬の坂 
 980 西東三鬼  北風はしり軽金属の街を研ぐ 北風:きた
 981 西東三鬼  不眠症魚は遠い海にゐる 
 982 西東三鬼  水枕ガバリと寒い海がある 
 983 三橋鷹女  寒満月こぶしをひらく赤ん坊 
 984 三橋鷹女  千の虫鳴く一匹の狂ひ鳴き 
 985 三橋鷹女  うつうつと一個のれもん姙れり 
 986 三橋鷹女  藤垂れてこの世のものの老婆佇つ 
 987 三橋鷹女  荒海にめしひて鯛を愛すかな 
 988 三橋鷹女  巻貝死すあまたの夢を巻きのこし 
 989 三橋鷹女  老鶯や泪たまれば啼きにけり 
 990 三橋鷹女  はるかな嘶き一本の橅を抱き 嘶き:いななき 橅:ぶな
 991 三橋鷹女  落ちてゆく炎ゆる夕日を股挟み 
 992 三橋鷹女  絶壁に月を捕へし捕虫網 
 993 三橋鷹女  青葡萄天地ぐらぐらぐらぐらす 
 994 三橋鷹女  かなしびの満ちて風船舞ひあがる 
 995 三橋鷹女  白骨の手足が戦ぐ落葉季 
 996 三橋鷹女  老いながら椿となつて踊りけり 
 997 三橋鷹女  女一人佇てり銀河を渉るべく 
 998 三橋鷹女  炎天を泣きぬれてゆく蟻のあり 
 999 三橋鷹女  月見草はらりと地球うらがへる 
 1000 三橋鷹女  千万年後の恋人へダリヤ剪る 
 [1/9] 

   ページのトップへ戻る   俳句メニュー