件数統計 読込エラー===select * from homonkensu where kubun='No1'TOTOわいふぁい TOTOワイファイ なんでも投稿
「なんでも投稿」どんな内容でも構いません。皆さん大歓迎です。
投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。
検索ワード  すべて満足
表示方法指定投稿日逆順(最近のものが上に)   投稿番号順(古いものが上に)  画像のサイズ小
  (検索ワードは コンテンツ、タイトル、写真の説明、投稿番号、投稿者すべてを対象に検索します)

   ホーム   投稿と閲覧の説明

  対象1件   検索条件 ( 1568889817) 「投稿番号も検索キーワードにできます」
1 2019年09月19日19時43分  投稿者:小山 榮   投稿番号 889817_00
タイトル:一の俣の枯れ立木を見てきました。
だんだん秋らしくなり動きやすくなりました。織田さんも回復され嬉しい限りです。投稿数も回復しこのサイトを開く楽しみが増えました。 ところでフォトクラブで話題になっていた一の俣に行ってきました。9号線で川棚まで行きカーナビのガイドに従って山道に入りましたらとんでもない県道でした。最近元気がなくなり心配な「くすの森」の傍を抜けると離合のできない山道に入りました。対向車に出会わなかったのが幸いで、なんとか無事に「一の俣温泉」までたどり着きました。もともと菊川方面から行く予定だったのを9号線の下関側が整備されたことを知りわざわざ新道を通ったのが間違いでした。一の俣温泉からは道路が整備され対向車線があり快適に「桜公園」の案内板に従って5KM程度走ると到着しました。枯れた立ち木は数が多く水面に映る風景はまずまずでした。今回は紅葉も桜もない季節で、水も少し濁っており管理人の話ではもっと良い日がありそうでした。それでも、今朝は貸し切りバス4台での訪問があり賑わったようです。最近は関西からの観光客もあるそうで管理人さんは大いに自慢していました。日を改めてまた訪問したいと思います。帰りは小月経由にしましたので1時間半程度で帰り着きました。


立ち木のある砂防ダム上流から下流を眺めました。

水が濁り波もあり山影の映り込みがない。

砂防ダムに流れ込む場所には小さな砂嘴ができている。

運が良いと錦鯉が写り込みますが今回は山際をスイスイ。写真には入らず。

コメント 投稿者 織田寧人  投稿日時 2019年09月19日 20時31分
「桜公園」こんな感じなのですね。貸し切りバスが来るのですか、大変な人気ですね。 まだ季節は夏なので、トップライトのようです。日差しが柔らかくなる秋か夕方がいいような気がします。


    ページのトップへ戻る     ホーム

投稿された写真や文章の著作権は投稿者にあります。流用される場合は本人に許可をもらってください。